グループホーム

グループホーム

グループホームとは

グループホームは、要支援2以上の認知症高齢者を対象にした小規模の介護施設です。”ユニット”と呼ばれるグループに分かれ、家事などを役割分担しながら共同生活を行います。1ユニットは最大9名です。
認知症高齢者は環境変化にうまく適応できない場合もあり、家庭的な馴染みのメンバーで生活できるユニット型の生活環境は、認知症ケアに適しています。スタッフも担当制で、それぞれの状況に合わせた認知症ケアが受けられるのも特徴です。
ただし、グループホームは看護師配置が義務付けられていません。看護師がいないグループホームでは、医療行為が必要になるなど、身体状況によっては退去せざるを得ない場合があります。

入居条件

グループホームは高齢者であれば誰でも入居できるわけではありません。入居には、下記の5つの入居条件が設けられています。

65歳以上の高齢者で、「要支援2~要介護5」の認定を受けている方
65歳未満の若年性認知症、初老期認知症と診断された、「要支援2~要介護5」の認定を受けている方
医師により認知症の診断を受けた方
施設と同じ市区町村に住民票がある方
その他、集団生活に支障のない方(感染症にかかっていない、共同生活に適応できるなど、施設によって設定)


施設種類一覧に戻る