サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、ご自宅とほぼ代わりない自由度の高い暮らしを送りながら、スタッフによる「安否確認」と、「生活相談」のサービスを受けることができる賃貸住宅です。また、外出の付き添いや食事の提供など、さまざまなオプションのサービスが受けられるところもあります。
「日常の、ある程度のことは自分でできるけれど、一人暮らしが心配」など、介護度が低い方の住み替え先として検討されることが多い施設種別です。
介護が必要な場合は、訪問介護など外部のサービスを個別に契約して受ける形になるため、必要な分だけのサービスを受けることができます。
現在、多くの運営会社がサービス付き高齢者向け住宅を手がけており、選択肢が豊富で、国の後押しもあるため住宅の供給量が多く、入居難易度はそれほど高くありません。

一般型と介護型

サービス付き高齢者向け住宅には「一般型」と「介護型」の二種類があります。
多くの場合は「一般型」と言って、介護サービスを必要な分だけ個別で契約して受ける仕組みになっています。しかし、要介護度が重い方にも対応できるよう、国が定めた基準で介護スタッフを配置し、介護度別の定額で介護サービスを提供する「介護型」も存在します。

入居条件

サービス付き高齢者向け住宅は、60歳以上の高齢者、あるいは要介護者認定を受けた60歳未満の方が入居対象となっています。

同居できる方の条件は主に以下の3点です。

配偶者(届出はしていないが事実上の夫婦と同様の関係にあるものも含む)
60歳以上の親族、要支援・要介護認定を受けている親族
特別な理由により同居させる必要があると知事が認める者

その他の条件としては「自己管理、自立した生活ができる」「認知症ではない」「感染症にかかっていない」など、施設によってさまざまです。
「介護型」であれば介護度の重い方や認知症の方にも対応しています。

施設種類一覧に戻る