介護老人保健施設

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設は、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者(65歳以上)を受け入れています。
食事や排泄の介助といった介護サービスは提供されるものの、主に自宅などに戻るためのリハビリが中心です。老健とも呼ばれています。
介護老人福祉施設(特養)と比較すると、どちらも入居して介護サービスを受けることができる施設です。しかし、介護老人保健施設は在宅復帰を目指すための施設という性格が強く、3~6ヶ月程度の一定期間で退去することが前提になっています。

入居条件

老健の入所基準は、65歳以上で要介護1以上の高齢者と定められています。ただし、40歳以上64歳以下の場合でも、特定疾病により介護認定がおりている方は入所できることになっています。
入所基準を満たしていても、看護師が24時間常駐していない施設では、夜間のたんの吸引や点滴など医療行為の種類によっては受け入れができないケースもあります。

在宅復帰

具体的には、理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職であるスタッフが自宅を訪問し自宅環境を確認、それに合わせたリハビリテーションを実施します。
また、自宅に帰った時の居宅ケアマネジャーと密に連絡し、住宅改修や福祉用具の準備などの在宅復帰が可能な環境を整えるためのアドバイスも行います。
老健から退所する前には看護師やリハビリ専門職などの多職種による訪問指導が行われ、在宅生活に向けてサポートします。

施設種類一覧に戻る