有料老人ホーム

有料老人ホーム

有料老人ホームとは

介護付き有料老人ホームとは、主に介護を必要とする高齢者が、介護や生活支援を受けて居住する施設です。
食事、洗濯、清掃等の生活支援、排せつや入浴等の身体介護、機能訓練、レクリエーション、サークル活動などのサービスを受けることが出来ます。
「介護付き」と表示することができるのは、介護保険制度上の「特定施設入居者生活介護」の指定を都道府県から受けており、介護サービスの提供基準を満たしている施設に限られます。

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームとは、食事、洗濯、清掃等の生活支援サービスが付いた高齢者施設です。
入居者が要介護となった場合は、介護サービスを受けるため、ホームとは別に訪問介護などの在宅サービス事業所と契約する必要があります。
訪問介護事業所や、デイサービス、居宅介護支援事業所などが併設されている施設もあり、入居者が在宅サービスを受けやすいよう配慮されています。
介護保険料の自己負担は在宅サービスと同じ扱いで利用した分に応じて支払うため、介護度が高くなると介護付き有料老人ホームより介護サービス費が高くなる傾向にあります。

健康型有料老人ホームとは

健康型有料老人ホームとは、家事サポートや食事等のサービスが付いた高齢者施設です。
身の回りのことは自分でこなせる、自立した状態の高齢者が対象で、お元気な状態をなるべく維持することを目的とした設備が充実しています。
要介護となった場合は、契約を解除し退去することになりますが、介護が必要になった場合に移動できる施設が隣接しているところもあります。

入居条件

有料老人ホームは施設によって要介護度、年齢などの入居条件が異なります。
要介護度に関する入居条件は、大きく分けて下記の3つのうちいずれかになっています。

自立型:身の回りのことが自分でできる自立状態の方だけが入居可能
介護専用型:要介護1~5の方だけが入居可能
混在型:自立状態の方も、要介護の方もどちらも入居可能

これらは施設により異なるので、入居を検討する際に必ずパンフレット等で調べたり、問い合わせを行いましょう。
自立状態の方だけが入居できる施設では、要介護状態になると退去しなくてはならない施設と、要介護状態になっても入居し続けられる施設がありますので、この点も確認が必要です。
年齢は60歳以上、65歳以上とするところが多いですが、それより若い年齢でも特定疾病により要介護認定が下りているという条件で受け入れ可能な施設があります。

施設種類一覧に戻る