特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームは、在宅での生活が困難になった要介護の高齢者が入居できる公的な「介護保険施設」の1つで、「特養」との呼称が一般的です。
民間運営の有料老人ホーム等に比べ低料金であることが魅力ですが、要介護3以上の方しか入居できないなど、条件が厳しく設定されています。
入居待機者が多く入りづらいことで有名でしたが、入居要件が厳しくなったため、現在の入居難易度は地域により昔に比べ入りやすくなったところもあります。

入居条件

65歳以上で要介護3以上の高齢者
40歳~64歳で特定疾病が認められた要介護3以上の方
特例により入居が認められた要介護1~2の方

上記の入居判定基準は原則であり、実際に入居可能かについてはケースごとに判断されているのが実情と言えるでしょう。医療的ケアが必要な方で24時間のケアを必要とする方は、入居対象者とならず、受け入れができないケースがあります。なぜならば、看護師の24時間配置が義務づけられておらず、不在の時間帯は医療的ケアの対応ができないからです。
また、認知症が進んで他の入居者やスタッフに危害を加える可能性がある場合などは、上記の条件に当てはまっても、入居を断られるケースが考えられます。
さらに介護度に関わらず、感染症を持つなど「集団生活が難しい」と判断される方も入居は困難です。

一方、要介護1~2の方でも、在宅での介護が困難な状態が見受けられる場合は特例として認められるケースがあります。具体的には下記の要件です。

要介護1~2の方の入居条件

認知症で、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さ等が頻繁に見られること
知的障害・精神障害等を伴い、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さ等が頻繁に見られること
家族等の深刻な虐待が疑われること等により、心身の安全・安心の確保が困難であること
単身世帯である、同居家族が高齢又は病弱である等により家族等の支援が期待できず、地域での介護サービスや生活支援の供給が不十分であること

施設種類一覧に戻る