短期入所生活介護

短期入所生活介護

短期入所生活介護とは

短期入所生活介護(ショートステイ)とは、利用者が可能な限り自己の生活している居宅において、その有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるように、利用者に短期間入所してもらい、入浴、排泄、食事などの介護や日常生活上の世話及び機能訓練を行うサービスです。

利用者の心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るものとしています。当該施設は老人短期入所施設、特別養護老人ホーム等で短期間入所をしてサービスを受けることができます。連続利用日数は30日と決められています。

近年では特に要介護3の利用者が多く見られていることが特徴であり、利用者の約7割が14日間ほど利用しているのが現状です。

入居条件

短期入所生活介護(ショートステイ)の対象者は要介護の認定を受けている方であり、利用者の心身の状況や病状が悪い場合、介護者である家族の疾病、冠婚葬祭、出張や介護者である家族の身体的・精神的負担の軽減などが条件となります。
なお、要支援者の方は、「介護予防短期入所生活介護」のサービスが受けられます。

施設種類一覧に戻る